×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

田舎暮らしブーム

北海道(とても広いので、短期間では回りきれないでしょう)で田舎暮らしをと考えている人も少なくないのではないかと思います。昨現在の田舎暮らしブーム(日本人は特に流行に踊らされやすい傾向にあるのではないでしょうか)によって、定年後は住み慣れた都会の生活ではなくて、自給自足でもしながら、ゆっくりと田舎で生活(後で振り返ると懐かしくなることもよくあります)したいと考えた方が増えてきたのが要因です。

また定年族だけではなく、自然を身近に感じながら生活(変わらないことの繭り返しに思えても、実はそれが一番重要なのかもしれません)を送りたいと言う若年層も増えてきており、連日行われている田舎暮らしのセミナー(講師と生徒が一箇所に集まるもの、ネット環境を利用して行われるもの、合宿形式のものなど、様々なやり方で行われます)(専門性の高い講義を少人?の生徒を対象にして行うことをいいますが、必ずしも少人ではない可能性もあるのです)や、移住体験ツアーなどは大盛況とされているんです。

そんな中、北海道(江戸時代までは、蝦夷ヶ島や蝦夷地、北州などと呼ねれていました)で田舎暮らしをしたいと考えている人は、かなりの数になるといわれています。北海道移住は、田舎暮らしを考えている人にとってはあこがれです。北海道(冬のイメージが強いですが、夏の観光も魅力的です)といえば広くて大きな大地や大自然を想像されると言われているのです。梅雨もなく初夏には富良野に代表されるラベンダー畑が有名ですね。秋には大雪山の紅葉なんかも素晴らしいです。厳しい冬もありますが、それには変えがたい大自然を満喫することができるはずです。